「障害者ワークフェア2011」に出展

11月22日(火)、23日(水・祝)にさいたま市で「障害者ワークフェア2011」が開催されました。障害者雇用への理解や促進を目的に、毎年各県の持ち回りで開催されているイベントです。会場になったさいたまスーパーアリーナは仕事場から近く、出展も無料なので、こっぱ舎として2ブースを申し込みました。

続きを読む…

車椅子用クールファンの威力

座位保持装置や車椅子に、姿勢保持のために体を包み込むようなモールドクッションを使うことがあります。モールドクッションの素材は発泡ウレタンで、通気性がほとんどなく、いわば断熱材のようなものです。体温調節が苦手で発汗が多い人にとって、特に夏場は快適とはいえません。通気性を確保すべく、モールドクッションの表層を特殊な網目状のウレタンにしたり、カバーをメッシュ地にしますが、効果は限定的です。

続きを読む…

簡易型電動車椅子普及タイプの謎

手動式車椅子に電動化ユニットを取り付けて、電動車椅子にする方法があります。福祉の制度では普通の電動車椅子を「普通型」、このタイプを「簡易型」といい、簡易型電動車椅子にはさらに切り替え式とアシスト式があります。

続きを読む…

スウェーデンお役立ちサイトに見る車椅子事情

脊髄損傷の人たちが自身の生活の工夫や道具のアイデアなどを写真や動画で紹介しているウェブサイトがSpinalistips。こっぱ舎の俣野が、スウェーデン情報を検索中に発見しました。英語版も用意されていて、情報を国内外で共有したいという彼らの熱い思いが伝わってきます。英語が苦手の人も日本語翻訳機能を使えば、画像中心なので分かると思います。

続きを読む…

『ここから』だった『街の小さな木工所から』

竹野広行さんの『街の小さな木工所から~障害者の道具作り~』は、部数はさほど多くないものの版を重ね、現在もオンデマンド版で流通している。初版は1985年2月。竹野さんは35歳になったばかりだ。

続きを読む…

    こっぱすもすとは?

    車椅子や座位保持装置にまつわる情報、仕事のなかで気づいたことなどを、こっぱ舎にかかわる人たちが折々に紹介していきます。こっぱ(木っ端)=鉋(かんな)の削りくず。転じて、取るに足らないもののこと。そんなkoppaも壮大な宇宙=kosmosの中にあり、こっぱの中にも小さな宇宙がある。そんな思いでkoppasmosと名づけました。

    検索