主人公はオットーボックのM2、『ルルドの泉で』

車椅子がたくさん登場するというので、『ルルドの泉で』(監督・脚本ジェシカ・ハウスナー、2009年オーストリア・フランス・ドイツ)を見に行った。

ルルドはフランスのピレネー山脈のふもとの村で、病を癒すとされる泉があり、毎年、600万人が訪れるカトリック教会の聖地だ。

物語の主人公が参加した巡礼ツアーの一行は40人ほどで、うち9名が車椅子ユーザーだ(ひとりは電動車椅子)。

続きを読む…

    こっぱすもすとは?

    車椅子や座位保持装置にまつわる情報、仕事のなかで気づいたことなどを、こっぱ舎にかかわる人たちが折々に紹介していきます。こっぱ(木っ端)=鉋(かんな)の削りくず。転じて、取るに足らないもののこと。そんなkoppaも壮大な宇宙=kosmosの中にあり、こっぱの中にも小さな宇宙がある。そんな思いでkoppasmosと名づけました。

    検索